ペニス増大にかかる料金の支払い方法まとめ

ぺニス増大のための手術費用は健康保険が適応されないケースがほとんどなので、全額を自費で負担しなければなりません。まとまった金額の貯金があれば一括払いができますが、分割で支払うことも可能です。

料金の支払い方法は利用するクリニックごとに違いがありますが、一括払いができない方であれば分割払いやローンを利用する方法があります。分割払いやローンは利息分を負担しなければならない場合があるので、お得な支払い方法を選ぶことが大切です。ぺニス増大の治療をお考えの方は、費用の支払い方法についても知っておくようにしましょう。

全額分を一括払いで支払う方法

ぺニス増大の治療に必要な料金を賄うことができるほどの貯金がある方は、一括払いを選択することができます。一括払いをする場合は、現金・クレジットカード(1回払い)・デビットカード・電子マネー・銀行振込などがあります。最近は多くの病院で国際ブランドのクレジット(デビット)カードの支払いが可能で、現金を持ち歩きたくない方におすすめの方法です。一部の病院やクリニックではプリペイド式の電子マネーにも対応しているので、クレジットカードを持っていない方でもキャッシュレスで支払いができます。

一括払いの最大のメリットは、利息がかからないことです。これに加えて、決済方法によっては各種ポイントを貯めることができるというメリットもあります。日頃からキャッシュレス決済を利用してポイントを貯めている方であれば、ポイントで支払うことも可能です。

逆に一括払いのデメリットは、高額な料金が賄えるだけの貯金が必要であることです。当然のことですが、貯金がない人は一括払いで料金を支払うことができません。一括払いの場合はポイントが貯まるクレジットカードや電子マネーがおすすめですが、現金払いにしか対応していない病院もあるので支払い前に確認する必要があります。銀行振込を利用する場合には、振込手数料を負担しなければならないので注意しましょう。

クレジットカードの分割・リボ払いを利用する方法

クレジットカードを利用している方であれば、病院の窓口でぺニス増大の料金をまとめて支払いをした後にカード会社に分割またはリボ払いで少しずつ支払いをする方法があります。クレジットカードを利用する方法であれば新たなローン審査を受ける必要がなく、普段利用しているカードですぐに支払いができるというメリットがあります。カード会社によっては繰り上げ返済も可能なので、ボーナスなどの際にまとめて返済をすることも可能です。

クレジットカードの分割・リボ払いは手間がかからないというメリットがありますが、限度額の範囲内でしか支払いができないというデメリットがあるので注意しましょう。限度額を超えてしまう場合はキャッシングを利用して一部を現金で支払いをしたり、不足分を貯金で賄う必要があります。

クレジットカードを利用する場合は分割払い・リボ払い手数料(利息)を負担しなければならないので、病院に支払うぺニス増大のための料金とは別にカード会社に支払う手数料も追加で負担することになります。返済中はクレジットカードのショッピング枠が減ってしまうので、しばらくの間は高額の買い物ができなくなるので注意しましょう。

低金利の医療ローンを利用する方法

一部の病院やクリニックは、治療費の支払いのために信販会社と提携する医療ローンに対応しています。医療ローンは資金の使い道が限定されていますが、消費者金融やクレジットカードのキャッシングと比べて金利が低いというメリットがあります。

このため、長期にわたり少しずつ返済することも可能です。短期間で返済をすれば、利息の負担を減らすことができます。医療ローンの返済方法ですが、毎月定額が銀行口座から引き落とされる方法が一般的です。毎月決まった日に自動的に口座から引き落とされるので、返済の手間がかかりません。

低金利の医療ローンは金利の負担が軽くなりますが、ローン審査の申し込みをして通過しなければならないというデメリットがあります。審査に通過するためには20歳以上で定収入が必須で、無収入の学生は利用できません。

ただし、学生でもアルバイト収入があれば申し込みが可能です。医療ローンの審査に申し込みをする際は、運転免許証などの本人確認書類・銀行届出印・銀行の通帳・職場の連絡先などが必要です。ローン審査の際に在籍確認のために職場に電話がかかってくるので、この時に確認が取れるようにしておきましょう。ちなみに電話で在籍確認が実施される場合でも、ぺニス増大のためのローン審査であることが他の人にバレることはありません。

まとめ

ぺニス増大のための治療を計画している方は、支払い方法を考えておく必要があります。一括払いができる場合には、クレジット(デビット)カードや各種電子マネーを上手に活用してお得にポイントを貯めることができるでしょう。分割払いを利用する場合は、利息やローン審査のための手続きなどを考慮して自分に合った方法を選ぶことが大切です。

病院によっては、現金払いとクレジット・医療ローンなどを組み合わせる方法も可能です。分割払いを利用する場合でも、最初に一部を支払うことでカード会社やローン会社に支払う利息を節約することができるでしょう。